カラダの健康メカニズム

~あなたのライフスタイル何をチョイスする~

それは肩回し?肩甲骨回し?

今日は体の構造のこと

よく肩凝りには肩甲骨を動かすといいと聞きますよね!?

肩甲骨はどこにあるかご存知ですか?

どんな形をしているかご存知ですか?

どういった方向に動くのかご存知ですか?

どこにあって、どんな形をしていてどういった動きをするのかイメージが出来るとより幅がひろがります!!

先ず肩甲骨は左右2個あり、肩の後ろ側辺りの少し下にあります。

形はざっくり二等辺三角形をしています。直線ではないので丸みがあったり、凹凸があったりとしますが、簡単に表現すると二等辺三角形が分かりやすいかなと思います。

動きはどうかというと、左側肩甲骨で示すと(右側の左右の動きはもちろん逆です)上方向(肩をすくめる方向)、下方向(肩を下げる方向)、左前方向(肩が内側に動く方向)、右前方向(胸を張る、肩を開く方向)、左上方向(腕を体の横につけて横から上げていく方向)、右上方向(腕を体横につけてお尻側にスライドさせていく方向)。

大きく6方向。この方向の組み合わせで動きを複数入れていくことが出来ます。

色々な肩甲骨のストレッチや体操がありますが、自分がどの方向に動かしてるのか、どう動いているのかイメージするとより肩甲骨を動かしている実感が分かるのではないのでしょうか!?

ただ、一つ問題は動く範囲どこまでなのかを知らないと現状で自身の肩甲骨が正常範囲で動いているのかが分からないことです。

一つ試してみて下さい。腕を体の横につけて前方向に肩、肘が曲がらないようにゆっくりバンザイしてみて下さい。腕が耳の真横に着くところまで上がれば問題はないです。ただ、肘が曲がったり腕の幅が大きく開いたり、耳の真横まで来ない方は何らかの問題で動きを制限してます。また、耳の真横まで上がる方でも肩凝りがある方はいます。肩凝りは必ずしも肩甲骨が問題ではないので決めつけないようにしましょう。

腕が耳の横まで上がらない原因はさまざまなので一つには断定はできません。過去のケガ、猫背、骨盤の問題、背骨の動きが硬い、もも裏が硬いなど要因はいろいろあります。

原因を追求するには専門家に相談することも必要ですが、自分のカラダがどこまでどう動いているのか把握していくことは大切だと思います。

昨日はここまで上がっていたのに、今日ここまでしか上がってないという事が自分で分かればカラダに変化が起こっていることが分かるので、姿勢が悪くなってたり、運動不足かな?とか気づくことをができます。

自身のカラダの変化に目を向け未然に健康リスクを減らす事が出来ると思います。

自分のライフスタイル

自分自身のライフスタイルとしっかり向き合ってますか?

誰しもが健康でいたいと少なからず意識はあると思います。

 

今の時代、朝方のお仕事、夜勤のお仕事などで生活リズムも様々です。

みんなが日が昇るころに起きて、沈むころに寝れる生活が送れれば今よりも健康でいられる人は増えると思いますが今の時代、朝方のお仕事、夜勤のお仕事などで生活リズムも様々でそうはいかないと思います。健康でいるため自分自身のライフスタイルに何が必要なのか考え、行動に伴わせる必要性があると思います。

※前提として人間は朝起きて夜寝る生き物なのでここに合わせられる人は合わせることが必要です。

 

例えば夜勤の勤務で朝寝て、夕方起きると考えたときに食事はどうしたらいいでしょうか?食事だけに目を向ければ、夕方起きたときが朝、仕事が終わる時間帯が夕方、そして朝方が夜になりますよね。ここに食事を当てはめていけばいいと思います。食事のリズムを決めてどの時間帯に何を食べるかを考えれば体の負担や睡眠の質を上げることは可能ではないでしょうか?

食事は朝昼晩3食がいいかどうかは一度置いといて、自分のリズムを作りそのリズムの中でベストな食事を選ぶといいと思います。

これを睡眠や出かけることや趣味に時間を充てることなども生活の大きなベースとなる24時間のサイクルを考えて生活スタイルみ合わせて趣味などを置くことがより健康的な生活を送れることだと思います。

 

生活スタイルが逆だと、行きたいところに行けない、友達と時間が合わないなどいろいろな問題も出てきますがそこは自分が選んだ仕事なので不満ばかり言ってダメな気がします。そこに重点を置くならば健康がくずれるリスクをとるか、生活リズムを朝方にできる仕事を選べばいいと思います。これしか仕事がないというならば、別の朝方の仕事ができるように勉強したり、どうやったら今の仕事から転職できるか考えていくことをしていくしかないですよね!?

 

健康でいたいというならば先ずは自分が置かれている環境やカラダに何が必要なのか考えてたり、本当に必要な情報を知って、行動に移していくほかないと思います。

あーでもない、こーでもないと不満や欲求を振りまく前に自分がどうしたいのか考える時間を日々もって時間を有意義に使っていくことが大切だと思います。

 

お金もある程度必要ですが、お金の上限は無限ですが、時間は有限で誰しも1日24時間しかないのだから!!

 

 

 

オープンな臓器

臓器言えば、内臓を浮かべるんじゃないでしょうか?

 

内臓も膵臓脾臓、肝臓、腎臓、胃、十二指腸、小腸、大腸たくさんあります。

この大事なものは骨に守られてます。

心臓やお腹の臓器は肋骨や背骨に、脳は頭蓋骨に、守られているから外からは見えないですし、多少の衝撃ならば傷つかなかったりします。

ただ、ひとつ外から見えるもの、ちいさな衝撃でもダメージをうけやすい
オープンな臓器、眼球!!


外から確認出来ますし、オープンなだけに刺激を受けやすいです。


何故、オープンなのか?光を取り込んで物を見るため、情報を得るためなど役割はたくさんあります。


そして、白内障緑内障網膜剥離黄斑変性などよく耳にしませんか?


何がこうさせるのか。。。


一つは、スマホ、テレビ、などの液晶は短い波のエネルギーを発します。これは目の表面だけでなく網膜まで刺激をうけダメージを受けます。これを子供の頃から受け続けると。。。
リスクはありますよね。


老眼は老人だけでけの問題でもないですし。。。。


巷の情報や本屋さんで良く見かけ目の体操、疲れ目のマッサージいろいろあります。


目を臓器と考えた時にオープンになっているうえ、守られてないので刺激を受けやすくなってます。無理なマッサージや刺激は大丈夫だと思いますか?


そして今は近視、遠視、乱視、老眼でメガネ、コンタクト当たり前ですよね!この当たり前大丈夫ですか?(眼鏡の国内のレンズの基準は厳しいみたいです。光の屈折ぐあいなど。。。だから国産の眼鏡は精密な基準があるだけにお値段も違ったり。。。日常的にがっつり使うものやちょい使いなど使う用途で使い分けるのもいいかもしれませんね!?


なにがどう目に影響を与えているのかリスクを知ることも大事です。そのうえで何を取り入れて何を使ってみるか!!そして使ってみて違えばまた、違う答えをだしてみるといいと思います。そうすることでご自身が本当に必要な対策が見えてくるのではないでしょうか?


目に限らず健康情報はたくさんあります。
理解することも大事ですが、理解したうえで、どう在るべきか、どう向き合うかで変わってくると思います。


スマホの見過は良くなとなんとなく皆さん理解はしているのではないでしょうか?

仕事柄パソコンやスマホをよく使う方、趣味でゲームや動画や音楽編集をする方、使い方も様々だと思います。

AIやITが進歩していく中でどこで線引きををおこないあなたはスマホやパソコンとどう向き合いますか?

選択するために知る

「物事を知ることから選択肢が増える」

対象を深く知ること、性質や役割を調べること、知ることで選択肢が増え、選択することで‘あなた自身の’ライフスタイルが変わるのでは無いでしょうか!?

現代社会は与えられることが多く、受動的に情報が入ってくることが多く感じます。

テレビ、メディア、SNSといった情報を鵜呑みにして何気なく誘導されてあれがいい、これがいいと無意識に受動的に行動してませんか?

その情報しっかりと考えて‘あなた自身で’選択してた行動ですか?

①ノンオイルドレッシングとオイルドレッシングどちらがいいのか?

②ダイエットは糖質制限がいい?

③骨盤は真っすぐがいい?

④お酒を飲むからから肝臓を悪くする?お酒飲まないから大丈夫?

上記のに事柄あなたはどう答えますか?

答えはさまざまです。

①ノンオイルドレッシングは脂質がカットされてる分糖質が多く入ってるものが多いです。また、野菜はのビタミンは水溶性、脂溶性とあるのでオイルが吸収の助けになるものもあります。

②糖質はカラダのエネルギーになります。糖質が極端に減るとカラダに悪影響を及ぼすこともあります。糖質が多い人は糖質を制限して、脂質が多い人は脂質を制限して、総摂取カロリーを減らしたり、筋トレで筋肉量を増やして代謝をあげたり、すれば糖質ダイエットにこだわる必要もないと思います。

③骨盤がまっすぐが必ずいいとは限りません。歪んでるのは結果ですので、カラダ全体を捉えたときに、歪んでいる原因や歪まないといけないことがあるから歪んでるので、骨盤だけを無理にまっすぐにすればどこかに影響を及ぼす可能性があります。

④肝臓を悪くするのはアルコールだけではありません。糖質の取りすぎ、暴飲暴食、薬など要因はさまざまです。お酒を飲まないから大丈夫と思ってないですか?

ライフスタイルは仕事や住んでいる場所などの環境で皆それぞれですが、物事を深く知ることで選択肢も増えますし、あなた自信で選択することで、変えられるものも少しずつあると思います。

また、知ることで全体がより鮮明に見え、創造力や応用力がいろいろな方向で使えると思います。世の中の全てを知ることは難しですが、自分に必要なものや短なものは知っておくとより、健康で楽しく生きるヒントになるのかな!?

情報を受動的的に受け取るか能動的に受け取るかこれも一つの選択ですね。

少しずつですがカラダの構造や仕組み、カラダに影響を与えるものを中心に綴っていこうと思います。

本日はざっくりとしたものでしたが、今後テーマを持ちながら掘り下げながら綴っていきます。