カラダの健康メカニズム

~あなたのライフスタイル何をチョイスする~

猫背は背中だけの問題じゃない②

前回、ざっくり肩甲骨、骨盤、股関節も猫背に関係があることをお伝えしました。

 

そして猫背を改善するやり方より、自分のカラダの何が猫背を引き起こしているのか知ることからとお話ししました。

 

今回はカラダの状態をチェックしていきましょう!!

 

肩甲骨は以前のブログでも少し書きましたが、肘、肩が曲がらないようにバンザイをして腕が耳にくっつくように耳の真横まであげられるか試してみて下さい。真横までです。肩、肘が曲がったり、真横まで上がらず腕が前にでたり、腰が反って腕があがってるように見えることもあるのでしっかりと確認しましょう。

 

腕が上がらない人は肩回りの筋肉が硬かったり、肩甲骨が内側に寄らなかったり動きにに制限がかかっていて胸が上手く開けなくなっています。

 

次いで骨盤。腰骨と腰を触ってみましょう。それぞれ左右どちらの手でもいいので腰骨と腰に手を置いて、胸えお張ってみて下さい。この時に腰骨が前方向に動きが出るか、腰がしっかり反れる感じとってみて、しっかり動く方は骨盤の動きは大丈夫です。ただ、背骨全体の動きは連動してますので、最低限大丈夫という意味合いでとらえてください。

 

そして股関節仰向けになった両手で膝を抱えて、胸の方に膝を近づけてみて下さい。この時にまっすぐ膝が胸に近づきますか?外に膝が逃げないですか。まっすぐ近づけたときに股関節の前がに痛みや、つまりを感じないですか?違和感なく膝が胸の方にまっすぐ近づく方は大丈夫です。

 

股関節が硬く骨盤が開きややすい人は背骨を引き上げる力が弱くなってる傾向がみられます。普段から膝をが開かないように気おつけましょう!!

 

ざっくりですがみなさんどうでしょうか?カラダは問題なく動きましたか??カラダのパーツごとに見ていくと個々のパーツごとの動きでしかないですが、カラダ繋がって連動して動いてますので、全体に影響を及ぼします。

猫背を改善しようとただ単に胸を張ればいいというものではないです。

先ずは自分のカラダのどこが弱いのか、動いていないのか把握うえで、ストレッチや日常で気おつけることを見極めていきましょう。

 

猫背改善体操などたくさんの情報は調べればすぐ出てきますが自分に合った情報を拾って実践していくことが大事だと思います。

 

日々ぼ生活の中で意識を自分自身の方へ向けることで体の状態や感情でどう左右されているのか観察してみるのもいいですね。

 

今日書いたことはあくまで最低限の事なので本当に自分のカラダの状態を知りたいときは専門家にしっかりと見てもらうとより正確な状態がみえると思います。

日々の在り方がカラダの状態をつないでますので、繋がりを意識してみていきましょう!!

猫背は背中だけの問題じゃない

背中が丸くなり猫背が気になる方も多くいらっしゃると思います。

日常生活の姿勢などの生活習慣も大きく関わってきますが、猫背は背中を伸ばせばいいのか問われればそうでは無いと思います。

猫背の方のカラダを見てみると、肩、肩甲骨の動きが硬くなっている、背骨の動きが硬くなっている。骨盤の動きが硬くなっている。股関節の動きが硬くなっている。

細かいところはまだありますが、大きく見る上記のことがよく見受けられます。

 

大きな要因をざっくり紐解きながらいきましょう!!

猫背は結果として背中が丸くなります。

先ず丸くった背中をリセットできなくなる肩、肩甲骨!!

背中が丸くなると肩、肩甲骨がカラダの内側に巻いてきます。いわゆる巻肩というやつですね。背中が丸い状態が続くと肩、肩甲骨の動きが硬くなり、胸や腕開きにくくなり背骨が伸びなくなり猫背に!!

続いて骨盤一般的な猫背の人の骨盤は後傾しています。骨盤が前傾していて猫背の方も時々いますが、今回は後傾の場合のお話。

背中が丸くなると骨盤が後傾、後ろに倒れます。骨盤が後傾すると背中全体が丸くなり、肩や肩甲骨も内側に巻いてきます。いわなくてもイメージできるかなと思いますが背中全体が丸くなるので骨盤が後傾した状態で固まったり硬くなると猫背の原因の一つになります。

 

そして股関節。骨盤が後傾した状態で立ったり歩いたりすると股関節のしっかりと体重が乗らなくなり、股関節を使わなくなるので硬くなります。後傾での歩行などは腰に体重が乗りやすいので腰痛の原因にもなります。。。そして骨盤が開きやすくO脚とかも。。。

 

ざっくりこの辺がしっかり使えるようにリセットしてあげればある程度は猫背の改善が出来るのではないでしょうか!!

 

じゃあ何すればいいのって話ですが!!先ず大事なのは方法ではなくて、自分のカラダがどういう状態なのかを知ったうえで方法を探って実践することです。

 

方法に囚われすぎると、何が悪かったのかも見えてこないですし、結果がでなかったり、出ずらかったりでその場で続づかず終わる可能性が高いと思います。

 

ですので自分のカラダの状態の何が猫背を引き起こしているのかをしっかりと理解して進めていくことが大事です。

人の体の構造は基本的には一緒ですが生活習慣などで使い方が違えば同じ猫背はないです。万人に共通してすべて効果があるものはないと思います。

先ずは日々自分のことをみつめる時間、観察して知る時間を少しづつ作ってみましょう!!

 

今日はここまで。状態の確認は次回書いていこうと思います。

健康診断

4月からいろいろなところで健康診断終わったとか、来週健康診断なんでうす。と声をちらほら聞きます。

そして、健康診断が近いからお酒控えてますとか、間食やめてますとか、筋トレ今週は頑張ってますや健康診断近いので少し歩いてますなどなど健康診断のためにみなさんいろいろ実践したいるみたいです。

確かに、数値として結果がついてくるので、気になってしまいますよね!!

 

でも、健康診断って何のためにやるの??って考えたときに。。。

 

現状での生活習慣でカラダがどういった状態かを知ることが健康診断ですよね!?

 

健康診断の前だからといった理由で期間限定で食事に気おつける、運動をするといったことは本来みえてくる数値が健康状態を隠してします恐れがあります。

 

人は少しでも魅せるようとか、不安なものをかき消そうといった感情は誰しもが少なからず抱くと思います。

でも、それを覆い隠しても根本的な解決にはならないですし、一時的な不安やネガティブな感情が消えてもまた、次の健康診断が近づいてくれば不安は現れます。

 

仮に診断を受けないという選択肢をしたとしても、将来、手遅れなことを告知されたり、カラダの不調がとれなかったりと自分に降り注いできます。

現状を受けとめ、受け入れる選択をすれば、反省や健康なカラダを手に入れていくための選択肢を選ぶことが出来ます。

恐れずに、今をしっかりと受け止めることからはじめてみるといいですね。

 

また、健康診断は数値として状態がみえますが、自分の体調の変化を自分で感じられることも大事です。

例えば、風邪をひく前兆ってなんとなくわかりますよね。そんなときはゆっく休んだり、無理しないように仕事を調整したり事前に何か行動をすると思います。

常に自分自身のことを観察し、体調がいい状態を知っておくと健康状態をコントロールしやすいと思います。

つまり、意識を自分の方にむけて、呼吸が浅いのか、深く吸えているのか、鼻が詰まっているのか、腕がだるいのか、足が疲れているのか細かく観察する習慣が出来ると未然に体調が悪くなるのが防げると思います。ただ、日々の変化を観察するだけでなく、なんで呼吸が浅いのか、鼻が詰まっているのか、足が疲れているのか考え、答えを探るりこうすると自分のカラダはこういった変化がでるということを知ることが大事だと思います。

 

こういった自分自身を知るために瞑想や座禅、マインドフルネスなど取り入れるのも一つの手ですね。

 

人工甘味料

今更なお話ですが皆さん食品選びか?

 

食品を買う時に裏側に原材料名が記載されていると思います。

 

見る方見ない方いると思います。

 

数年前よくテレビで取り上げられていたのはマーガリンの話でトランス脂肪酸がという話を聞いたことがある方もいらっしゃると思います。

 

また、糖質ゼロやカロリーゼロ商品は今でもよく売られていますよね。

 

その中でも今日は人工甘味料のお話。

 

サッカリン、 アスパルテーム 、スクラロール、アセスルファムkこのあたりの名前はみたことある方もいらっしゃるかなと思います。

 

これらの甘味料は砂糖の数百倍の甘みがあり、様々な食品の甘味料に使われています。

 

カラダが栄養素として認識しないため、吸収されず体外へ排出されます。

 

いろいろな文献を見たりすると安全だと言われたり、カラダに害があるといわれたり賛否意見はありますが、必要ないものは極力避ける方がいいと思います。

 

基本的に栄養素は一度肝臓に集まって血液に乗っていきます。その際にこれらの甘味料は認識されないのでそのままフィルターを通りますが、通り抜ける際にフィルターを気づつけたりすることもあったり。。。

 

また、腸内フローラに影響を出したり。。。脳が糖分が入ってきたのにエネルギーにならないから勘違いし糖質をより欲したり。。。。

 

手軽にコンビニやスーパーで食材が手に入れられたり、調理せず食べられるものも増えていますが、ご自身でカラダの中に何をいれるかはしっかりと選択したいですよね。

その場ではいいかもしれませんが蓄積により将来的にカラダの機能に影響を少なからず及ぼすことはあると思います。

 

こういった情報はネットやテレビでどれだけでも得られますが、一度ご自身でも調べたりしてみるとより身近なものになると思います。

 

人工甘味料だけではなく、カラダに入るもの、普段自分が食べているものに興味を持つことしること自分の健康を守ることができます。

 

病気や不調が出てから病院に行って、手遅れやあの先生は治してくれないとか責任転換したりする前に考えて行動しませんか??

今の行動が伴わないと未来は変わらないですし、過去にとらわれてもはじままりせん。今を大事にひとつひとつ選択し今を大事にすることで健やかな未来が築くことができると思います。

 

 

 

バリウムは猛毒??

前回少し胃のお話しをしたので、胃関連のお話しです。

健康診断でバリウム飲んだことある人もいると思います。

バリウムを単体で飲むと毒性があるので筋肉がマヒし最悪呼吸停止になります。

でも病院でバリウム飲んでもそんなことないですよね。あったら大問題です。

ここで先ず科学のお話し。

スイ、へー、リー、べー.....高校の科学でやりましたよね!?

バリウムは金属です。元素記号はBa

物質は大きく2つに分けられます。

純物質と混合物。そして純物質はさらに2つに分けられます。単体と化合物です。


純物質の定義は1つの化学式で表せるもの。

混合物の定義は複数の純物質が混ざってできた物質。

純物質の単体の定義は純物質のうち1つの元素のみで構成されているもの。

純物質の化合物の定義は純物質のうち2つ以上の元素から構成されるもの。

最初にバリウムは「単体」で飲むと毒性が。。。と記述しました。

ということは病院で飲むバリウムは単体ではないので影響が及ばないと言うことです。

病院で飲むバリウムは「硫酸バリウム」という化合物です。

硫酸バリウムは水にも酸にも溶けないので体内に吸収されることがないので便と一緒に排出されるだけです。

そしてなぜバリウムをなのか??

それはバリウムX線を通しにくいからです。人のカラダはX線がよく通ります。
X線・・・レントゲン

その為影ができるので胃の内部がみやすくなります。

胃の検査は、胃カメラという選択もありますがどちらがいいというメリット、デメリットもありますが。。。ここも選択することができますね。

言われるがままでなく、理解して選択することを心がけるといろいな新しいものが見えてくると思います。

 

また、学校の勉強は物事を知る基礎になると思います。社会にでて意味がないとかではなく、物事を考えること、アイディアを想像することに役立ってくると思います。

どこかでいつかどんな形でかは分かりませんが考える力の役に立つと思います。

そして大きな財産になると思いますので、学ぶ姿勢は忘れないようにできるといいなと思います。

調理してる?

食事をするときよく噛んでますか?

食べ物は口の中、歯でしっかりと小さく、細かくしてあげると胃の負担が軽減されます。

口の中はまな板、歯は包丁、胃は鍋で煮込むようにクツクツ作業をしている!!

口の中(まな板)の食材を、歯(包丁)で細かく切り刻む、切り刻んだ食材をクツクツとゆっくり時間をかけて煮込み粥状になるまでとろとろに。

そう、食材が大きいままだと煮込むのに時間がかかり、負担がかかる。だから口の中でゆっくり細かくして胃へ送ってあげると胃が喜びます。

負担をかけるように雑に胃へ送ると機嫌が悪くなり胃が荒れたり逆流したりする。

いい関係を保つためによく噛む事が大事!

人間関係も悪くなるとイライラして胃が痛いですよね!?

カラダの関係も人間関係も大切にすることで健康で健やかにですね!!

これで胃の役割は想像できたでしょうか?

食べ物を一時的に蓄えながら、粥状に消化すること!そして次へ繋がる腸が栄養を吸収しやすくために!!

日々、時間に追われゆっくりと味わって食事をする時間とれてますか?流しこんでないですか?

食べることは人の基本行動の一つです。食べてエネルギーをしっかりとカラダに入れてあげるための食事出来てますか?

テレビをみながら、スマホをみながら、食べてないですか?

ひとつひとつの食材、料理美味しく食べれてますか?

愛情・生命を受けとりながら食べてますか?

それは肩回し?肩甲骨回し?

今日は体の構造のこと

よく肩凝りには肩甲骨を動かすといいと聞きますよね!?

肩甲骨はどこにあるかご存知ですか?

どんな形をしているかご存知ですか?

どういった方向に動くのかご存知ですか?

どこにあって、どんな形をしていてどういった動きをするのかイメージが出来るとより幅がひろがります!!

先ず肩甲骨は左右2個あり、肩の後ろ側辺りの少し下にあります。

形はざっくり二等辺三角形をしています。直線ではないので丸みがあったり、凹凸があったりとしますが、簡単に表現すると二等辺三角形が分かりやすいかなと思います。

動きはどうかというと、左側肩甲骨で示すと(右側の左右の動きはもちろん逆です)上方向(肩をすくめる方向)、下方向(肩を下げる方向)、左前方向(肩が内側に動く方向)、右前方向(胸を張る、肩を開く方向)、左上方向(腕を体の横につけて横から上げていく方向)、右上方向(腕を体横につけてお尻側にスライドさせていく方向)。

大きく6方向。この方向の組み合わせで動きを複数入れていくことが出来ます。

色々な肩甲骨のストレッチや体操がありますが、自分がどの方向に動かしてるのか、どう動いているのかイメージするとより肩甲骨を動かしている実感が分かるのではないのでしょうか!?

ただ、一つ問題は動く範囲どこまでなのかを知らないと現状で自身の肩甲骨が正常範囲で動いているのかが分からないことです。

一つ試してみて下さい。腕を体の横につけて前方向に肩、肘が曲がらないようにゆっくりバンザイしてみて下さい。腕が耳の真横に着くところまで上がれば問題はないです。ただ、肘が曲がったり腕の幅が大きく開いたり、耳の真横まで来ない方は何らかの問題で動きを制限してます。また、耳の真横まで上がる方でも肩凝りがある方はいます。肩凝りは必ずしも肩甲骨が問題ではないので決めつけないようにしましょう。

腕が耳の横まで上がらない原因はさまざまなので一つには断定はできません。過去のケガ、猫背、骨盤の問題、背骨の動きが硬い、もも裏が硬いなど要因はいろいろあります。

原因を追求するには専門家に相談することも必要ですが、自分のカラダがどこまでどう動いているのか把握していくことは大切だと思います。

昨日はここまで上がっていたのに、今日ここまでしか上がってないという事が自分で分かればカラダに変化が起こっていることが分かるので、姿勢が悪くなってたり、運動不足かな?とか気づくことをができます。

自身のカラダの変化に目を向け未然に健康リスクを減らす事が出来ると思います。